LICHA BOAT SURF ライチェ ボート サーフ


波の乗り方

ウェイクサーフィンではボートを使って波を作りますが、普通にボートを走らせただけではボートの進行方向と左右均等の波ができてしまい、サーフィンをするのには適していません。

そこで、ボートにウェイト(重り)を乗せて、船底を沈め、左寄りに傾かせることで左方向にサーフィンに適した大きな波を作り出します。

そしてできた波に対して、左から回り込むようにして波に乗っていきます。


またボートで作る波は原則、レギュラーになります。グーフィーの波は、プロペラの回転方向の問題で良い波が立たない為、お断りしております。

ボートサーフィンでのテイクオフ(波の乗り方)は、2パターンの方法があります。

1つは “パドル立ち
パドル立ちは、通常のサーフィンと同じくうつ伏せのパドリング姿勢からスタートします。右手にロープ(ハンドル)を掴んだままボートに引っ張られ、左側から波に入っていきます。
後はじっくりご自身のタイミングでロープ(ハンドル)を離してテイクオフ!となります。

動画でも説明しています。

もう1つは“ウェイク立ち
ウェイク立ちは、名前の通りウェイクボードに乗る様な感じです。
横向きにしたボードの上に足をかけて、体育座りのように膝を内側に曲げておき、腕はまっすぐボートのほうに向けて、両足の膝を腕の間に入れた姿勢からスタートします。
そのままロープ(ハンドル)に引っ張られると、かかとを支点にしてボードが足に張り付き、自然とボードに立てます。
ボードの上に立ったら、パドル立ちと同じように左側から波に入っていき、左手だけでロープ(ハンドル)を掴んでください。ボードが波に乗るとロープが緩みますので、その瞬間にロープ(ハンドル)を離します。
ポイントは、無理に立とうとせず、最初の姿勢を保って下さい。

動画はこちら。

波に乗れればあとは同じです!!
ご自身にあったパワーゾーンで、お好きなだけウェイクサーフィンを体感して下さい!
ウェイクサーフィンはサーフィン初心者でも簡単に楽しめます。
ボートを使って同じ波を作るので、波のパワーゾーンをキープし続ければ、波に乗り続けられます。
サーフィンを始めたばかりの初心者のスタッフでもテイクオフすることができました。

ウェイクサーフィンの楽しみは、常に同じ波が楽しめる、ボートの仲間と楽しめる、都心部から近い、ということです。 常に同じ波が楽しめるので、テイクオフ~ライディングの練習や技の練習もできますし、何より波が途切れないので、足が疲れたからライディングを終了するなんてことも。
また、ボートとサーファーとの距離が近いため声をかけたり、アドバイスを受けることもできます。ボートから写真や動画を撮影して、自分のライディングを見直すこともできるので、サーフィンが早く上達します。
そしてゲレンデ(大阪湾・岸和田)は都心部に近いので、移動の時間や交通費を考えると非常に手軽に楽しめます。
僕達がお客様に最適な波を作ります。
こうき りょーじ
Wave Maker こうき Wave Maker りょーじ
2014- © LICHA BOAT SURF